アウトドアエンジニアリング

自転車旅/登山/音楽/IT技術に関する情報を発信するブログです。

【加古川グルメ】Route65で本格派ハンバーガーを食べた話

ハンバーガーといえば某ド◯ルドのアレしか食べた事がない私がRoute65に訪れたという話です。今回も自転車で出動。加古川グルメポタリングである。


目的地まで

車の場合



その名の通り65号線沿いにあります。最寄りのインターチェンジ加古川北ICで降りて5分ほどなので比較的アクセスしやすいと思います。目印の看板からはアメリカのRoute66を彷彿とさせます。というかそのものですね
ja.wikipedia.org



目印の看板が見えてきます。店前にも駐車場がありますが、広い方に止めるのがオススメかも?


自転車の場合

ロードバイククロスバイク(もしくはミニベロ、ランドナー・・etc)の場合は、加古川右岸自転車道を通るのがオススメです。公道を渡る場面もありますが、ほぼすべてが歩行者自転車専用道路となっており加古川大自然を満喫できます。

加古川右岸自転車道の道中にある平荘湖や権現ダムは加古川の絶景ポイントです。是非寄りましょう。終着点の志方東公園からおよそ10分ほどの距離です。

平荘湖の野鳥。餌やり場が存在するので野鳥への手土産を持参しよう。

加古川右岸自転車道の詳細はこちら
https://web.pref.hyogo.lg.jp/ks11/documents/kakogawauganmap.pdf



自家製バンズのハンバーガ



今回はベーシックバーガーを注文してみました。生地については流石自家製と思わせるバンズ。柔らかいという印象はなくサクサクとした印象がありました。焼き立てのパンを思わせる感じです。

(運がよければ「65」の焼き模様が綺麗に出る?)

注文してから店主の方が調理をするため焼き立てのバンズを堪能することができます。というかこんな生地のバンズを食べたことがなかったのでハンバーガーの概念が覆る。

そして具材も申し分なく美味い。口当たりが優しいので量が多くても全然食べれる。そして瓶のコーラがこれまた雰囲気を盛り立てる。ポテトとの相性もよく最高の組み合わせである。

太る組み合わせ?そんな馬鹿な。
tabelog.com

テラスもあり、開放的な雰囲気。このストリートビューまさかの店内に入れる。

多くの有名人のサインが掛けられてました。


たかみくらバーガー

このお店から南側に見えている関西百名山として知られる播磨のアルプス、高御座山を見立てたハンバーガーがありました。高御座に登山した後に此処を訪れて高御座を制覇するのもアリかも?


満点のボリュームな上にめちゃくちゃうまそう。ちなみに播磨アルプスと呼ばれる高御座の詳細はこちら
www.yamareco.com


感想

この口当たりの良さ、たかみくらバーガーのサイズでも普通にペロッと食べれる感じですね。ムッと来ないというか。文句なしの内容。

雰囲気については、店構えが開放的なのでどんなシーンにも合うと思いました。アメリカンテイストな雰囲気なので、クルーザー系のバイクが映えるかも?



・・美味しそうなタピオカラテがあったのがめちゃくちゃ気になったので次回頼もうと思います。いや決してイ◯ンスタ映えのためでは