アウトドアエンジニアリング

自転車旅/登山/音楽/IT技術に関する情報を発信するブログです。

道路交通法おかしくない?歩行者右側はなぜ?ということで法律をおさらいする。

「歩行者は右側通行」ということは義務教育の中で学ぶ機会があったと思います。ただし普段の生活の中では、どちらかというと左側を歩く人が多いと思うんですよね。これについておさらいの意味も含めて道路交通法を交えて記していきたいと思います。

まずは法律上どのようになっているかというところから押さえていきましょう。
出典:e-Govウェブサイト(https://www.e-gov.go.jp
www.e-gov.go.jp

道路交通法

歩行者

右側通行です。ただし危険であったりやむを得ない場合は左側を通行することができます。
f:id:march601:20190929222742p:plain

自転車

左側通行です。軽車両であるロードレーサーシティサイクルなどすべての自転車が当てはまります。
f:id:march601:20190929222754p:plain

乗用車

左側通行です。免許取得に必須な知識であり特筆することもなく。全日本国民が知っていると言っても過言ではないでしょう。

実際右側通行で安全なの?

ここまでのポイントとしては「歩行者のみ右側通行である」ということです。これを踏まえて本当に安全なのかどうかを確認していきましょう。

軽車両を含む車両のみを記載しました。登場人物すべてが左側を通行しており、なんら問題を感じません。

右側通行の歩行者を記載しました。車両の流れに逆らう形で進行していることがわかり、歩行者とは正面から向き合うことになります。そうなった場合どうなるかは想像に容易いでしょう。どちらが避けるか問題が発生します。街中で行われるアレです。地球が滅ぶ日まで無くなることはないでしょう。ハッキリ言って危険です。車道側を走る意識の強いロードレーサーはまだしも、シティサイクルの場合は十分起こりえます。

次に歩行者が左側通行した場合です。軽車両は歩行者を「追い抜く」ことになります。そうすることで追い抜かれる側の歩行者は何も意識する必要はありません。運転者がヤク中か飯塚幸三でなければ。

これを踏まえると歩行者が安全に通行するためには左側通行すべきなのでは?とも思えます。この記事を閲覧した方々はどう感じたでしょうか。

自転車の左側通行を知らない人もいるかもしれないので、これを機に道路交通法を知って貰えればと思います。

おまけ。歩道内は??

歩行者

道路交通法では通行すべき場所は記載されていませんでした。このことから右側/左側のどちらを通行しても問題ないと捉えることができます。

自転車

車道側となります。ただし徐行が必要となります。ちなみに徐行とは「時速4、5キロくらい」とする警察庁交通局交通企画課長の発言があるそうです。
ja.wikipedia.org

自転車が歩道を通行するときの「徐行」の例示として「時速4、5キロぐらい」とする警察庁交通局交通企画課長の国会発言がある