アウトドアエンジニアリング

自転車旅/登山/音楽/IT技術に関する日記を気ままにつらつら書いているブログです。

ブロンプトン ポジション出し ~ハンドル調整編~

ブロンプトンモデル毎にポジションが確立されており、原則ポジション変更はサドル位置のみです。

 

じゃあどうすればよいか?ということで今回はハンドル位置調整の巻です。

f:id:march601:20190908205109j:image

 

 

ブロンプトンの種類おさらい

ブロンプトン・バイシクル - Wikipedia

  • Mハンドル
  • Sハンドル
  • Pハンドル
  • Hタイプ(Mハンドル)

 

それぞれのモデルでポジションが決められています。H>M>S>Pの順番(※)で、ステムの長さが異なります。

 

※HタイプはHステムを装着したうえで、高さを稼ぐためのスペーサーのようなものを挟んでいます。

f:id:march601:20191107071156j:image

さらにPモデルは前方向に反り返っており、サドルからの距離が最もあるモデルとなります。

 

そのため、厳密にはPハンドルとMハンドルでは握り具合が少し異なります。よりどっしりとサドルに座りたい場合はMハンドルが向いていると言えます。

 

 

ライドポジションを変えるには?

ステム調整

brompton標準装備ではステムによるポジション変更は不可能ですが、ハンドルポジションチェンジャーを導入することで可能となります。

f:id:march601:20190908205238j:image

これにより前後および上下高さ調整が可能となります。

 

例えばbrompton S2Lを使用されている方が、上体を起こしたライドポジションを取りたい場合、上記写真のように設定します。

 

逆に、より前傾姿勢でアグレッシブなライドをしたい場合はハンドルを前方向に出るようにします。イメージはロードバイクのステム同様です。

f:id:march601:20190908205209j:image

これはBrompton P6Lを元にして、ハンドルを日東ハンドルにしてハンドルポジションチェンジャーを導入した図です。

SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラック

SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラック

 

見た目の好みがわかれると思いますが実用性はかなり高いです。

 

 

Brompton Sモデルで使用可能なバッグが増える場合も?

Brompton S2LモデルなどではTバッグやCバッグを装着するとブレーキワイヤーなどが干渉してハンドルを切ることができません。

f:id:march601:20191203071532j:image

(これはPハンドルにTバッグを装着した図)

 

しかしブレーキおよびシフトレバー角度を下に向けると実は装着はすることができます。

 

ただしブレーキは握れないと言ってもよいでしょう。その場合は、ハンドルポジションチェンジャーで改善できる場合があります。

f:id:march601:20191107071828j:image

自分の場合はPステム+Sハンドルで使用不可だったトートバッグが使用可能になりました。(そもそもそんなBWCに出るようなアグレッシブなポジションを取る人間がフロントバッグ使うかどうか問題はさておき。。)

 

 

もし、バッグを装着するためにポジション調整する場合は高さが充分か、予め確認しましょう。

 

(検証してみたさは有りますが現在はPハンドルにしてしまってるので、また機会があれば検証したいとおもいます。)

 

 

総評

ブロンプトンってロードバイクみたいに身長によるサイズ選択ができないので、より快適なライド体験をするためにも利用する価値は大いにあります。

 

細かいポジション出しに拘れるギアだと思いますので、ポジションが気になる方は導入してみてはいかがでしょうか。