アウトドアエンジニアリング

自転車旅/登山/音楽/IT技術に関する情報を発信するブログです。

ブロンプトン ポジション出し ~ハンドル調整編~

ブロンプトンはモデル毎にポジションが確立されており、原則ポジション変更はサドル位置のみです。

 

じゃあどうすればよいか?ハンドル位置を変更してしまいましょう。

f:id:march601:20190908205109j:image

 

 

ブロンプトンの種類おさらい

ブロンプトン・バイシクル - Wikipedia

  • Mハンドル
  • Sハンドル
  • Pハンドル
  • Hタイプ(Mハンドル)

それぞれのモデルでポジションが決められています。H>M>S>Pの順番(※)で、ステムの長さが異なります。

f:id:march601:20191107072915j:image

※HタイプはHステムを装着したうえで、高さを稼ぐためのスペーサーのようなものを挟んでいます。

f:id:march601:20191107071156j:image

さらにPモデルは前方向に反り返っており、サドルからの距離が最もあるモデルとなります。

 

 

ポジションを変えるには?

サドル調整

サドル位置の前後および高さの変更が一般的ですね。

f:id:march601:20191107073019j:image

より直立的な緩やかな姿勢にしたいときは、サドル向きを上にしてどっしり座るのがよいでしょう。逆に、より前傾姿勢の場合はサドル向きを下にします。

 

 

ステム調整

あれ?そんなことできるの?というとこですが、ハンドルポジションチェンジャーを導入します。

f:id:march601:20190908205238j:image

これにより前後および上下高さ調整が可能となります。

f:id:march601:20190908205209j:image

これはBrompton P6Lを元にして、ハンドルを日東ハンドルにしてハンドルポジションチェンジャーを導入した図です。

SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラック

SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラック

 

このハンドルポジションチェンジャーは前後にポジション出しできるのでかなり便利です。デメリットは見た目ですかね・・・。

 

好みがわかれると思いますが実用性はかなり高いです。

 

Brompton Sモデルで使用可能なバッグが増える可能性

Brompton S2LモデルなどではTバッグやCバッグを装着するとブレーキワイヤーなどが干渉してハンドルを切ることができません。そのため、ブロンプトン公式としても使用不可としています。

 

しかしブレーキおよびシフトレバー角度を下に向けると実は装着はすることができます。ただしものすごくブレーキを握りにくくなります。

f:id:march601:20191107071828j:image

自分の場合は、Pステム+Sハンドルで使用不可だったトートバッグが使用可能になりました。

 

でも高さを稼ぐことで、Sモデルの前傾姿勢の利点は失われるのでちょっと微妙ですかね。。

 

もし、バッグを装着するためにポジション調整する場合は高さが充分か、予め確認しましょう。

 

 

 

総評

見た目がメカメカしくなるので正直な話これは人を選ぶ気がします。

 

見た目が許容できるのであれば、かなり実用的で細かいポジション出しに拘れるギアだと思います。ポジションが気になる方は導入してみてはいかがでしょうか。