アウトドアエンジニアリング

自転車旅/登山/音楽/IT技術に関する情報を発信するブログです。

ブロンプトン向け 着脱式片面ビンディングペダル

ブロンプトンで長距離を走るようになってきたころ、ペダリングに物足りなさを感じてペダルを探していました。

街乗りで気楽に乗れるのがブロンプトンの良さ。ただし本格的なライドでも乗りたい・・・。そうした場合片面ビンディングペダルですが、着脱式の片面ビンディングペダルは全然ない・・・のですが、ありましたので紹介していきます(血眼)

 

ブロンプトンとは

ブロンプトン・バイシクル - Wikipedia

ブロンプトン・バイシクルはイギリス人アンドリュー・リッチーが考案した折り畳み自転車

究極の輪行向け折りたたみ自転車です。そして走りも申し分なし。

 

標準装備のペダルについて

初めから付いているペダルは、折り畳み式の両面フラットペダルです。

f:id:march601:20190905070052j:image

使い勝手はかなり良いですね。街乗りであればなんの不具合もありません。寧ろ折り畳むだけで済むので便利かつ、品質も良いです。

 

ビンディングペダルを導入する理由

ただしブロンプトンは10kgを余裕で超えています。つまり、坂道に弱いと言うことです。我々は常に坂道に怯えなければなりません。坂道の多い島ライドなどでは阿鼻叫喚ですね。

f:id:march601:20190905070540j:image

 が、こうした坂道では特に踏み込む力だけでなく引く力もすべて推進力となるためすごく楽になります。勿論ロングライドでも疲労が溜まりにくいです。自転車旅に出掛ける上ではマストアイテムではないでしょうか?

 

一般的なビンディングペダルの問題点

ブロンプトン(折り畳み自転車)向きではない

残念ながら市販されているビンディングペダルのほとんどが、ロードバイク用です。

ブロンプトンに取り付けることはできますが、折り畳みや即時着脱ができないためデメリットが多いです。

 

立ちごけの可能性

これは良く言われてることですね。実は私自身はこれまで立ちごけをしたことがありません。今回紹介するペダルはSPD SL(競技向け)ではなく、SPDタイプ(ツーリスト向け)のペダルとなるため立ちごけしにくく安心なポイントとなります。

 

Wellgoの着脱式ビンディングペダル

今回おすすめするのが「wellgo(ウェルゴ) WPD-M17C QRD2 」です。

着脱式(QRD2)が便利

WellgoのQRD2では、ワンタッチで着脱が可能となっています。着脱に要する時間は約5秒です。輪行が得意なブロンプトンでは必須の機能ですね。

 

片面ビンディングペダルだからどんな場面でも使える

毎回ロングライドをするわけではありません。普段の靴を履いて、フラットペダルで街乗りやカフェライドをしたい時もあります。

WellgoのQRDで両面ビンディングペダルもあるのですが、折り畳み自転車では不向きでしょう。

 

シマノSPD対応

SPD対応ということで、スニーカータイプのカジュアルなビンディングシューズも使用可能です。輪行でもシューズを履き替えなくていいし楽です。

ちなみに私はシマノRT4を使用しています。カジュアルな見た目ながらソールは硬くスポーティで、ロングライド向きです。

f:id:march601:20190905201312j:image

実はこれでヒルクライムレースに出る暴挙に出ましたw

QRD2にもクリートが付属しているのですが、おまけレベルなので別途シマノクリートを用意したほうが良いでしょう。

シマノ クリートセット マルチモード ペア ナット無し SM-SH56 Y41S98100

シマノ クリートセット マルチモード ペア ナット無し SM-SH56 Y41S98100

 

ペダル交換やってみた

QRD2とはいえ、普通のペダル取り付け変わらず特に苦戦する場面もないでしょう。

f:id:march601:20190905202002j:image

まずは純正ペダルを取り外します。左ペダルは右方向へ、右ペダルは左方向へ回すことで外せます。8mmのヘックスレンチを使用しました。

PARKTOOL(パークツール) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

PARKTOOL(パークツール) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

 

f:id:march601:20190905202004j:image

付属品一覧。まずはQRD2システムのみを装着します。(ペダル以外のことです。)ちなみにグリースは必須です。ネジ山に対して適度に塗ってください。そしてレンチでクランクに取り付けます。

PARKTOOL(パークツール) 自転車メンテナンス用グリース ポリリューブ1000 113g PPL-1

PARKTOOL(パークツール) 自転車メンテナンス用グリース ポリリューブ1000 113g PPL-1

 

左ペダルは左方向へ締め付け、右ペダルは右方向へ締め付けを意識すれば間違うことはないでしょう。QRD2システムの取り付けが完了したら、ペダルを差し込みます。


f:id:march601:20190905201958j:image

f:id:march601:20190905201941j:image

f:id:march601:20190905203003j:image


f:id:march601:20190905202007j:image

ペダル差し込み部の黒いロックリングで、ロックおよび解除可能です。詳細は説明書にも記載があるので安心ですね。

f:id:march601:20190905211139j:image

赤ロックリングが見えている時がロック状態で、見えていない時が解除状態です。

 

最後に

私はかれこれブロンプトンを購入してからずっと使っていますがフラット面も大きくグリップも効いているため、このペダルが一番のお気に入りです。

ビンディングペダル初めてであったり、ペタルを固定するのは怖いと思う方もいるとは思いますが、恩恵は大いにあるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?